平国盛とは

平氏の猛将、平経教(たいらののりつね)。
歴史上有名な平清盛の甥にあたります。平氏の中でも弓の名手と言われていました。
「平家物語」の中では壇ノ浦の合戦で源氏の兵を二人道連れに海へ沈んだと言われています。
安徳天皇とともに逃げ延びてきた祖谷では、追っ手から身を隠すために初名である「平国盛(たいらのくにもり)」を名乗っていました。

平家家系図(平国盛は平清盛の兄弟、教盛の次男『教経(国盛)』

↑ トップへ戻る