にし阿波

秘境の伝説・暮らしを観る!

妖怪屋敷

01youkaiyashiki(3h)

当施設の近隣が妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する児啼爺(コナキジジイ)の故郷であることから、施設内に地元の妖怪伝承を紹介する「妖怪屋敷」をオープンしました。妖怪屋敷には、地元住民が手作りで製作した多くの妖怪人形などが展示されています。

●営業時間 : 09:00-17:00
●定休日 : 12-2月・月曜(祝翌)
●料金 : 大人500円 子ども300円
●住所 : 三好市山城町上名1553-1
●電話 : 0883-84-1489
●URL : http://www.yamashiro-info.jp/lapis/

茅葺き古民家「篪庵(ちいおり)」

築300年の民家。奥祖谷は日本のチベットともいわれ、標高が高く、狭谷になっている。アレックス・カー氏が購入し、カー氏がフルートを吹くことから、「笛の家」という意味で「ちいおり」と名付けられた。

●営業時間 : 問い合わせ
●定休日 : 冬季休業
●料金 : 問い合わせ
●住所 : 三好市東祖谷山村釣井209
●電話 : 0883-88-5290
●URL : http://www.chiiori.org/jp/index.html

祖谷のかずら橋

03soyanokazurabashi(3h)

民謡「祖谷の粉ひき節」にも歌われるかずら橋は、平家一族が追っ手から逃れるために、いつでも切り離せるようにと、シラクチカズラという植物で造ったといわれる。今では、3年に一度、安全に架け替えられているが、10数メートル下の渓流を望めるので、何とも言えないスリルを味わえる。国・県指定重要有形民俗文化財。

●営業時間 : 日出-日没
●定休日 : 無休
●料金 : 大人:500円 子ども:400円
●住所 : 三好市西祖谷山村善徳162-2
●URL : http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000048

奥祖谷二重かずら橋・野猿

04okuiyanijukazurabashi(3h) 04yaen(miyoshishi_free)

平家一族が、平家の馬場に通うために架けたといわれる橋。男橋と女橋の2本があり、「夫婦橋」とも呼ばれる。女橋のすぐ横には、ロープを引きながら渓谷をわたる「野猿(やえん)」があり、貴重な体験ができる。

●営業時間 : 日出-日没
●定休日 : 12/1-3/31
●料金 : 大人:500円 子ども:300円
●住所 : 三好市東祖谷山村菅生620
●URL : http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000041

武家屋敷旧喜多家・鉾杉

05bukeyashikikitake(3h) 05hokosugi(3h)

宝暦13年(約250年前)に建てられた祖谷地方でも最も大きな武家屋敷。屋島の戦に敗れた平氏一族が落ちのびてきた東祖谷山村大枝地区は、平家縁の地である。
この平家の里の名主であった「喜多家」は、祖谷の上層階級の武家屋敷である。庭先には「鉾杉」もあり一見の価値有り。

●営業時間 : 09:00-17:00
●定休日 : 火、冬季休業
●料金 : 大人:300円 子ども:100円
●住所 : 三好市東祖谷山村大枝43
●URL : http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?uid=SS000037&genr=101&area=1

平家屋敷民俗資料館

06heikeyasikiminzokusiryoukan(3h)

平家の資料や遺品を展示しています。安徳帝の御典医、堀川内記の子孫代々の屋敷。堀川内記は、平家滅亡の折に一族とともに入山し、薬草の豊富な祖谷の地で、医業と神官を務めた人です。
庭には、樹齢800年の老樹がそびえ、江戸時代の民家をそのまま保存した館内には、鎧・旗・古文書・生活用具などが展示されています。

●営業時間 : 09:00-17:00
●定休日 : 無休
●料金 : 大人:500円 子ども:300円
●住所 : 三好市西祖谷山村東西岡46
●電話 : 0883-84-1408
●URL : http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&area=2&uid=SS000046

 

PAGE TOP