そらの郷

農山村の暮らし体験

生徒の皆さんには滞在期間中、それぞれ農家の家族として、ありのままの田舎を体験していただきます。 家族のだんらん、地域の人々との触れ合いを通して、助け合う大切さや共に働く 喜びを実感してください。そらの郷には昔のままの田舎が残っています
hatakede
そらの郷はごらんのような山村です。
急傾斜の山を開墾して田畑を作った先人たちの苦労は並大抵ではなかったはずです。
生徒の皆さんには、そうした歴史を感じ取りながら、楽しく農作業を体験していただきます。

動物と触れ合う

そらの郷の農家では、昔ほとんどの農家が農耕用として牛を飼っていました。

usi230usi4yagi12

今は、少数の農家が肉用や繁殖牛として飼育しています。

山羊を飼っている農家もあります。絞りたての山羊乳が飲めます。

春の繁殖シーズンには1頭の母山羊が2~3頭の子山羊を産みます。出産シーンに出会うことも ・・・・

教育体験旅行 メインは農業体験

そらの郷で働く”農作業が楽しい”なぜでしょうか。

kuri1
山間地の農業は大変です。でもそこには、おいしい空気や青い空、緑に覆われた大自然があります。
そこで暮らす私たちが生徒の皆さんを家族としてお迎えし作業を手伝っていただきます。

soramane1
そら豆の収穫汗をかいた後、
「助かったよ」
[ありがとう」 自然に顔がほころび ます。生徒の皆さんからは
「楽しかったよ」
「もっと手伝うよ」・・・楽しく会話が弾みます。

一緒に暮らし一緒に働く事で皆が次第に家族となり助け合うようになります。

taue3 taue6

自然と触れ合う

作業の合間は、自然と触れ合う楽しいひと時
吹く風はさわやか 谷川の流れは澄みきっています

hasigo tani1

zyaga2tomatoaka
収穫する作業は楽しい。 それを料理して食べるのは もっと楽しい

畑にはいろいろな野菜があり、家の周りには、食べられる山菜がいっぱいです。どんな香りがするのか、どんな味がするのか、とても楽しみです。

料理体験

収穫した野菜、 小川で釣ったアメゴ などを使い、皆でこんな料理を作りました

ryouri

食事を作るのも楽しいひと時

mesi denngaku ryouri185

家族だんらん

夜は食事をしながら、田舎の昔話や自然にまつわる楽しい話

irori22
家の周りを散策すると ホタルが飛んでいたり満天の星空に時折り流星が見えたりします

夜が更けると昼間の心地よい疲れが睡魔を誘い朝は小鳥のさえずりで目を覚まします

炭焼き体験

そらの郷はエリア内のほとんどが山林です。山で暮らす人たちは、雪で埋もれる冬場のために炭焼きをして、木炭を暖房などの燃料に使っていました。今炭焼きさんはいなくなりましたが、体験が出来る炭窯が各所にあります。

sumizennkei naka

山の作業で自然保護

日本の山は手入れが行き届かず荒れる一方です。
皆さんの下草刈りの作業や、杉林の間伐作業
竹細工に使う竹の伐採も 竹林の間伐につながり
緑がよみがえって、山を荒廃から守ります

karikomi kannbatu takezaiku

goemon
五右衛門風呂がある家では、
間伐して持ち帰った杉の木で薪を割り
湯を沸かして 疲れを癒します
makiwari

農家によって体験もいろいろ

みなさんとても器用です。農業以外にもいろいろ体験できます

usu sobauti23

ソバ打ち、こんにゃく作り、豆腐作り、山から採ってきたかずらで籠作り、皆で挑戦しましょう

touhutukuri konnnyaku kago

「農山村の暮らし体験」では、そらの郷の農家に分散して民泊していただきます。 滞在期間中 同じ農家で その日の暮らしをそのまま体験していただきます。 農家によって体験内容が異なります。そらの郷では、体験教育旅行や修学旅行のみなさんを家族としてお迎えしています。

PAGE TOP