そらの郷

そらの郷の歴史と文化

体験はできませんがそらの郷の歴史や文化の紹介です。

祖谷平家祭り

his01そらの郷 には,平家の落人伝説があり 平家の赤旗が残っています。
毎年10月に,祖谷のかずら橋周辺で「祖谷平家祭り」が開催されています。

神代踊り

zinndaiodori神代踊り(じんだいおどり)は国指定の無形民俗文化財 です。
 
古くから伝わる雨ごい踊りで、旧暦の6月25日に天満神社に奉納されますが、毎年多くの見物人でにぎわっています。
 
大きな太鼓やホラ貝などに合わせて踊ります

戦国の武将三好長慶眠る 瀧寺

tara-mpn
戦国時代の幕開けとなった室町時代、 足利幕府のお家争い「応仁の乱」で大活躍し、 京都、大阪、四国、淡路を掌握し堺の街の持つ膨大な 「経済力」 の支援で、天下に名をとどろかせた戦国の武将三好長慶は、徳島県三好市から始まった勢力です。織田信長も恐れたと言われる戦国の武将三好長慶は、三好市三野町の瀧寺に眠っています。

阿波踊り

awaodori
毎年お盆には、
徳島県内各地で「阿波踊り」が開催されます。
 
艶やかな女踊り、力強い男踊り、可愛いちびっ子達が自慢の踊りを繰り広げます。
 
そらの郷のエリア内でも盛大に開催されています。

妖怪祭り

三好市は険しい山岳地帯、危険な場所に近寄らせないために作られたと言われる妖怪伝説水木しげる氏の漫画ゲゲゲの鬼太郎に出てくる子泣き爺のふるさとだとわかって以来、毎年 「妖怪祭り」が開かれています。
mikkosibutai7

三加茂八幡神社宵宮神楽

yomiya三好市東みよし町に伝わる徳島県の無形文化財宵宮神楽
 
春、夏、秋、冬の領地を持つ兄弟のもとに5人目の弟が現れ剣を交えた後、真の兄弟とわかり、春、夏、秋、冬の間にある節分を5人目の弟に分け与える内容です。
 
およそ2時間にわたって踊り続けます。五穀豊穣を祈願する奉納神楽で毎年10月14日の夕刻に行われます。

美馬市は、かって阿波藍の産地

aigura
美馬市は昔、阿波藍で栄えた町、その名残りが栄華を極めた藍商人の豪勢な家、うだつの町並みです。
 
藍の運搬を吉野川の水運に頼っていた名残りが藍蔵から吉野川に向かって続く搬出路です。
motituki三味線餅つき
藍商人たちは年末に芸者を呼び、三味線を弾かせながらにぎやかに餅つきをしました。
 
威勢を振りまいた藍商人の習慣が美馬市脇町に伝わる三味線餅つきです。

国の重要文化財「旧長岡家」

nagaokeke
美馬市脇町にある古い一般住宅[旧長岡家」が国の重要文化財に指定されています。

弥生時代の遺跡群

東みよし町では弥生時代の遺跡が多数見つかりました。徳島自動車道吉野川ハイウェイオアシスには、当時の竪穴住居が再現されています。山岳部には石器時代の住居跡も確認されています。
tateana3

PAGE TOP