日本一の田舎暮らし体験

家業のお手伝い・生活体験

自然と共生し、時に厳しい自然と対峙する、山の暮らしの知恵を家人との交流で学びます。

【体験例】
急傾斜地での農作業・野菜や果樹の収穫~出荷作業・田植え・稲刈り・田畑の手入れ・お茶摘み・山菜採り・原木しいたけの菌打ち・林業・竹細工・そば打ち・うどん打ち・半田そうめん流し・田舎料理・田舎団子作り・こんにゃく作り・猪鍋・川魚さばき・山散策・歴史探訪・伝統工芸(かずら細工、わら細工)・阿波おどり・地域の人との交流 など

家業のお手伝い・生活体験
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

急傾斜地での伝統農法の体験

ススキ(カヤ)を、斜面の畑に敷き、肥料としても使う植物資源を活用した農法。自然環境への負荷の少ない持続可能な暮らしを千年以上も続けてきました。

家業のお手伝い・生活体験

自生茶の栽培や、晩茶、煎茶、発酵茶など、独自な製法や飲み方があり、傾斜地農法の代表でもある自家製のお茶で暮らす人々の知恵に触れます。

家業のお手伝い・生活体験
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

日本農業遺産に認定された「傾斜地農耕システム」

にし阿波の山間部では、段々畑のような水平面ではなく、傾斜地のまま耕す農法が継承されてきました。傾斜地では風雨などにより土壌流出が起こります。そのため、コエグロで干したカヤを畑の畝の間に敷き詰めて流出を最小限に食い止めたり、等高線に沿って畝立てしたり、サラエと呼ばれる伝統農具で土上げをするなどして土壌を守ってきました。コエグロとは、秋に収穫したカヤを束ねて円錐形に積み上げたもので、土壌流出を防ぐほか、春には土を育てる肥料として使われており、にし阿波傾斜地農耕のシンボル的存在でもあります。土地に負担をかけない自然循環型の農耕は、千年以上の太古の昔より先人から継承されてきました。
また、水田を作ることができない急傾斜地は米作りに適さないので、ソバ、アワ、タカキビ、コキビなどの雑穀や伝統野菜、山菜といった少量多品目の作物が栽培されてきました。この地域の作物は先祖より大切に採取・保存されてきた在来種で、貴重な遺伝資源の宝庫です。

伝統的な郷土料理

  • そば米雑炊

    そば米雑炊

    「そば米雑炊」は、ソバの実を粒の形で調理する独特の郷土料理です。源平合戦に敗れた平家の落人が米のとれなかったこの地において都を偲び、米に見立てて作ったのが始まりと言われています。

  • でこまわし

    でこまわし

    ごうしゅいもや岩豆腐と呼ばれる硬い豆腐やコンニャクなどを串に刺し、いろりの炭火などであぶって作る田楽料理があります。焦げないように、くるくる回しながら焼く様子が、徳島の伝統芸能である阿波人形浄瑠璃の木偶(でこ)人形の頭を回しているように見えるといわれ、「でこまわし」と呼ばれるようになったとか。

  • ひらら焼き

    ひらら焼き

    「ひらら」と呼ばれる平らな石を熱し、魚や野菜を焼く原始的な郷土料理。味噌で「土手」を作り、その中で豆腐や川魚のアメゴ、野菜などを並べて焼きます。